• 金沢のフルーツ専門店・ギフトなら堀他(HORITA)

  • 会員ログイン|金沢のフルーツ専門店・ギフトなら堀他(HORITA)
  • 商品カート|金沢のフルーツ専門店・ギフトなら堀他(HORITA)
  • Menu
    Close

コラム


コラム


TOP > コラム > 金沢の八百屋語る、大きな差。100%ジュースの「濃縮還元」と「ストレート」

金沢の八百屋語る、大きな差。100%ジュースの「濃縮還元」と「ストレート」

果汁100%のジュースには、2種類があるのをご存知ですか?

それは、「濃縮還元」と「ストレート」です。

この違いは意外に大きく、知らなきゃ損。


そこで今回は、濃縮還元とストレートとはいったい何なのか、そしてそれぞれのメリット・デメリットを詳しく解説します。



「濃縮還元」と「ストレート」のりんごジュース飲み比べ


リンゴジュース


詳細は控えますが、同じ産地、同じ品種の「濃縮還元」(左)と「ストレート」(右)のりんごジュースを用意し、実際に飲み比べてみました。


味の違いははっきり分かる?


ジュース


実際飲み比べてみました。

この比較に限り、ストレート果汁100%の圧勝でした。

ストレートの方が、奥深く自然な甘さで、飲み込んだ後も舌にしみいる様がはっきりと感じられます。

よく香り、少量で満足感が得られます。濃縮還元の方はそれに比べて明らかに薄く、甘さが弱い分酸味があらわになっている印象で、香りもほとんどありませんでした。

あくまで主観的な感想ですが、誰が比較してもわかる大きな差だと感じました。



違いを具体的に解説します


「濃縮還元」は、一度水分をとばす


ジュース2


「濃縮還元」とは、しぼった果汁の水分を一度とばし(濃縮)、あとで元に戻す(還元)ことを言います。

しぼった際、一度加熱などで水分をとばし、ペースト状に濃縮します。容量と重さが小さくなるので保存や輸送が楽になります。還元、すなわち容器につめる際に、水分を加えなおして元の状態に戻します。味の調節に、砂糖や香料、添加物を加えます。


「ストレート」は、しぼったまま


オレンジジュース


フルーツの、しぼったままの果汁をそのままつめたものが「ストレート」です。

果汁をしぼり、加熱殺菌をしたのちに低温で保存します。濃縮還元と違い、原則、何も加えません。


それぞれのメリット・デメリット


「濃縮還元」のメリット


・保管場所が少なくてすむ

・輸送費が安い

・コストが安い

・冷凍保存ができる

・微生物などの繁殖を抑え長期間保存可能。

・長期保存ができるので、旬な時期以外も供給できる

・味の調整できるので、バラツキが少ない

・旬の味をいつでも楽しめる


こうやって見ると、結構メリットが豊富ですね。一見いいところだらけのように感じます。


「濃縮還元」のデメリット


・加熱により、酵素やビタミン、食物繊維などの栄養素が失われる

・過熱により、フルーツ本来の香りは失われる

・フルーツの原産地を表記していない商品が多い(国産か外国産かわからない)。


本来の風味が失われてしまうため、水を加えてもどす(還元する)際、砂糖などを加えて味を調整します。

規定により、加糖が5%以下ならば100%ジュースと表記していいことになっています。

実際飲んでみた感想として、確かに香りはなかったし、味を調節しているとはいえ、ストレートの味を全く再現できてはいませんでした。



トマトジュース



「ストレート」のメリット


・本来の風味を味わえる

・無添加なので安心

・国産のフルーツを使用している割合が多い


ストレートのメリットはとてもシンプルですね。あと、国産のフルーツを使った商品が多いのもうれしいところです。

実際にりんごジュースを飲んでみた印象として、風味はしっかり残っていましたし、甘さも確かに絞ったままという感じがありました。

普段あまりストレートジュースを飲んでいないのもあって、インパクトは大きかったです。

ギフトで送って誰かに味わってほしいとも思いました。


「ストレート」のデメリット


・ある程度の保管場所が必要

・輸送コストが高い

・価格が高い


濃縮しないので、容量も重さもそのまま。だからこのようなデメリットが発生します。大量生産にはあまり向いていませんね。

実際同じ容量のジュースならば、確実にストレートの方が値段は高くなります。


どっちを選ぶべき?


ジュース4


飲み比べてみた結果、「濃縮還元」と「ストレート」の違いはかなり大きいことをわかりました。

濃縮還元の方が飲みやすい印象はありましたが、それは作られたものだと感じました。

どちらを選ぶかは、結局は完全に個人の自由です。


ただし、ギフトにするなら「ストレート」の方が断然おススメです。

消費者が正しい知識を持って選ぶことが何よりも大事ですね。

「濃縮還元」や「ストレート」の表記は必ずあります。ぜひ一度確認することをお勧めいたします。



まとめ


「濃縮還元」は、加熱によってしぼった果汁の水分を飛ばし、軽く小さくすることで、コストを抑える。そのメリットは大きいが、失われた風味や甘さは加糖などでの調整も行われる。

「ストレート」は、しぼった果汁をそのまま容器に詰めるので、味も風味もそのまま残るが、製品化までにコストがかかる。果汁100%ジュースには必ずどちらなのかわかる表記があるので、違いを知ったうえで、TPOにあった選択をしましょう。

ページトップへ