コラム


コラム


TOP > コラム > 果汁100%ジュース「濃縮還元」「ストレート」の違いを解説

果汁100%ジュース「濃縮還元」「ストレート」の違いを解説

市販の「果汁100%のジュース」には、「濃縮還元」と「ストレート」、2つの種類が存在することをご存知でしょうか?


一見、同じものを指しているように思われる両者ですが、実際に飲み比べを行うと、味わいに大きな違いが見られます。


この「味の違い」を生み出す原因は、一体何なのでしょうか。


今回は「濃縮還元」と「ストレート」を飲み比べ、味の違いについて言及した上で、製法・定義の違い、そしてそれぞれのメリット・デメリットを解説し、両者の違いを明らかにします。



「濃縮還元」と「ストレート」味の違い


リンゴジュース

同じ産地、同じ品種の「濃縮還元」(左)と「ストレート」(右)のりんごジュースを用意し、実際に飲み比べを行いました。


味の違いははっきり分かる?

ジュース

実際に飲み比べてみると、濃縮還元ジュースは、名前に「濃縮」と入っているものの、味わいに濃さは感じられませんでした。甘さが弱く、酸味が強く出ている印象で、香りもほとんどありません。


対するストレート果汁100%は、非常に自然な甘さ・味わいで、風味も強く感じられました。後味もすっきりとしており、嫌なもたつきがありません。よく香り、少量で満足感が得られます。


あくまで主観的な感想ですが、誰が比較しても分かる、大きな差であると感じました。



「濃縮還元」と「ストレート」製法・定義の違い


上記のように、濃縮還元とストレートで「味の違い」が生じる原因は、両者の「製法の違い」にあります。ここでは、製法と定義の違いについて見ていきましょう。


「濃縮還元」は、ペーストを水で戻したもの

ジュース2

「濃縮還元」ジュースとは、搾り取った果汁を、加熱したり、真空状態にしたり、凍結させたりするなどして含まれる水分を飛ばし、ペースト状に濃縮させた後、再び水分を加え元の濃度へと還元させたものを指します。


水分をとばす理由

輸送コストは、送るものの体積・重さによって決定されます。


例えば海外製の果物を原料として使用する場合には、果物そのものを運んでくるよりも、現地で水分を飛ばしペースト状に加工して運んでくる方が、体積が小さくなった分、原価が抑えられます。

また、水分が飛び、糖度が高くなる分、生の状態よりも保存がきくようになります。


このように、「金銭面でも保存の面でも、輸送が楽になる」という製造メーカー側の事情が背景に合って、濃縮還元は行われています。


ペーストを還元させる際には、加工工場で水分を加えなおして元の濃度に戻します。


濃縮時には、水分と一緒に風味も損なわれてしまうことから、還元の際には砂糖や香料、添加物を加えるなどして味の調節が行われることもあります。


もちろん、還元させる際にもコストは発生しますが、輸送コスト削減分の方が圧倒的に大きいため、メーカーにとって好都合な、上記の方法が用いられています。


「ストレート」は、そのままのもの

オレンジジュース

「ストレート」ジュースとは、濃縮・還元作業を行わず、搾り取った果汁を加熱殺菌し、そのまま詰めたものを指します。

原則、何も加えないところに濃縮還元との違いがあります。


「濃縮還元」と「ストレート」メリット・デメリット

「濃縮還元」のメリット

・輸送コストを抑えられる

・長期保存ができる

・味の調整ができるため、年間を通して一定の品質を保つことができる


「濃縮還元」のデメリット

・果物本来の風味が損なわれる

水分を飛ばす過程で、果物本来の風味も同時に損なわれてしまします。

砂糖や香料など添加物を加えない場合には、ストレートと比べると確実に風味は劣ります。

実際飲んでみた感想としても、確かに香りはありませんでした。


・砂糖や香料などが添加され、不自然な味わいになる

風味が損なわれる「濃縮還元」では、砂糖や香料などが添加され、風味が調整されている商品も多くあります。

また、味は調節されているものの、ストレートの味は再現できておらず、人工的で嫌な甘さが口に残ります。


仮に「100%ジュース」という標記がなされていても、「加糖5%以下ならば、100%ジュースと表記してもよい」という規定があります。あなたが今手にしている100%ジュースにも、添加物が入っているケースもあります。


・農薬の危険性

国産なのか海外産なのか分からない、原産国名が不明瞭な商品も多くあります。

海外産の場合は、日本で認可されていない農薬が付着した、粗悪な果物を原料として用いているケースもあります。

良かれと思って飲んでいるジュースが、むしろ体に悪い影響をもたらす可能性も考えられます。



トマトジュース

「ストレート」のメリット

・本来の風味を味わえる

・無添加なので安心

・国産のフルーツを使用している割合が多い


「ストレート」のデメリット

・輸送コストが高く、必然的に価格も高くなる

・日持ちがしない


濃縮せず容量も重さもそのままでコストもかかるため、大量生産には不向きです。

同じ容量のジュースならば、確実にストレートの方が値段は高くなります。



「濃縮還元」と「ストレート」含まれる栄養の違い

「濃縮還元」も「ストレート」も、加工過程で加熱は同様に行われるため、含まれる栄養素の量には、あまり差はありません。

ビタミンCや、食物繊維といった栄養を重視するならば、ジュースではなく生の果物を食べられる方がよいと言えます。



「濃縮還元」と「ストレート」結局どちらを選ぶべき?

ジュース4

飲み比べをした私の見解では、自然な風味が楽しめる「ストレート」の方がおススメです。味わい・安全性に優れているので、お子様や、ギフト用には適した商品であると言えます。


反対に「濃縮還元」は、味わい・安全性には劣りますが、価格面では優れた商品です。安価な価格でストレートに近い味を楽しめるため、とにかく量がほしい時にはおすすめです。

「濃縮還元」や「ストレート」の表記は必ずありますので、購入の際にはぜひチェックしてみてください。


正しい知識をもって選ぶことが大切です。



まとめ

・「濃縮還元」は、加熱によってしぼった果汁の水分を飛ばし、軽く小さくすることで、コストを抑える。

・そのメリットは大きいが、失われた風味や甘さは加糖などでの調整も行われる。

・「ストレート」は、しぼった果汁をそのまま容器に詰めるので、味も風味もそのまま残るが、製品化までにコストがかかる。

果汁100%ジュースには必ずどちらなのかわかる表記があるので、違いを知ったうえで、TPOにあった選択をすることが大切です。



果汁100%「ストレート」りんごジュース通販なら堀他


堀他オンラインショップでは、リンゴジュースの通販・お取り寄せを承っております。

【100%りんごジュース】の お取り寄せ は こちら から  >    


りんごジュース 6種類6本セット

りんごジュース 6種類12本セット

りんごジュース サンふじ6本セット

りんごジュース サンつがる6本セット

りんごジュース 王林6本セット

りんごジュース シナノゴールド6本セット

りんごジュース シナノスイート6本セット

りんごジュース 秋映6本セット

[ジュース]  販売ページ

営業カレンダー
Calendar

下記営業カレンダーになります。
休日となる日は、通販の配送等も対応しかねますので
ご了承くださいませ。

金沢のフルーツ専門店・ギフトなら堀他(HORITA)
金沢のフルーツ専門店・ギフトなら堀他(HORITA)