• 金沢のフルーツ専門店・ギフトなら堀他(HORITA)

  • 会員ログイン|金沢のフルーツ専門店・ギフトなら堀他(HORITA)
  • 商品カート|金沢のフルーツ専門店・ギフトなら堀他(HORITA)
  • Menu
    Close

コラム


コラム


TOP > コラム > 金沢の加賀れんこんは、シャッキリ&モッチリ!深い風味の加賀れんこんの美味しさ

金沢の加賀れんこんは、シャッキリ&モッチリ!深い風味の加賀れんこんの美味しさ

伝統野菜の加賀れんこんをご存知ですか?

加賀野菜の代表格で、伝統野菜らしく、美味しさは格別です。金沢はれんこんの名産地。今回は、金沢を中心に石川県民が常食とする加賀れんこんの魅力をあますことなくご紹介いたします。



加賀レンコン



加賀野菜の代表格、加賀れんこん


出荷時期 : 8月下旬 ~ 5月中旬

石川県でのれんこんの栽培は、加賀藩五代藩主前田綱紀のころからと伝えられていす。

明治20年代、商品性が注目され、「小坂蓮根」と呼ばれるようになりました。今では森本地区、河北潟干拓地まで栽培が広まり、一大産地となっています。


もっちり&しゃっきり


加賀レンコン24



加賀れんこんの味は個性的!シャキシャキ食感とモチモチ食感がバランスよく融和し、味わいは重層的で奥深いです。煮物・天ぷらはもちろん、蓮蒸し・すり流し汁などの伝統料理にしても、もちもち食感と深い風味が味わえます。

でんぷん質が多く、ネバネバ成分を含み、粘り気をもちます。肉厚で、れんこんの中では穴が小さいのも特徴です。



粘り気が料理のバリエーションを生む


加賀れんこんは、すりおろしてからが楽しくなります。ネバネバ成分を多く含み、握っただけで固まってくれます。そのままお味噌汁の具にしたり、郷土料理のはす蒸しにしたり、創作料理にも活用できます。特にはす蒸しは県外からくる観光客にとっても人気があります。


加賀れんこんの主な食べ方


加賀れんこんは、煮物にしたり、きんぴらにしたり、一般的なれんこんの調理法で食べられます。

加賀れんこんの特徴が味わえる料理としては、以下のようなものがあります。


加賀れんこんの天ぷら


加賀レンコン3



加賀れんこんのてんぷらは、加賀れんこんのしゃっきり&もっちり食感と伝統野菜らしい風味が味わえる、おすすめの料理です。



加賀れんこんの蓮蒸し


加賀野菜4


加賀れんこんの粘り気を活用した郷土料理です。

ねばりけのおかげで、つなぎに卵や片栗粉を使わなくてもちゃんと固まってくれるため、加賀れんこんの風味がしっかり残ってとてもおいしいです。



石川県民は常食。観光客にも大人気!


加賀れんこんは金沢市を中心に作られ、ほとんどが県内、特に金沢市内で消費されます。

とにかくその奥深い風味は魅力的で、はっきりいって、これを食べるとほかのどんなれんこんも食べられないほど。

観光客にもとても受けが良いです。

金沢観光中のどこかで食べてそのおいしさに感銘を受けて、わざわざ加賀れんこんそのものを買って帰る観光客も大勢います。

他県の人の舌をもうならせる加賀れんこんは、とても魅力的です。



まとめ

加賀れんこんは、加賀野菜の代表格の一つである金沢の伝統野菜。

しゃっきり&もっちり食感が魅力で、すりおろして料理に活用するのも向いている。金沢市民に愛され、他県のれんこんが物足りなくなるほど。近年は観光客がお土産として持って帰ることも。

ページトップへ