コラム


コラム


TOP > コラム > 1粒が数万円!?石川県の高級ぶどうルビーロマン

1粒が数万円!?石川県の高級ぶどうルビーロマン


ルビーロマン。

たった1房の初セリ価格が100万円を超え、換算すると1粒が4~5万円にもなる、

石川県の最高級ぶどうです。

今回は、そんなルビーロマンの優れた点、誕生秘話、現在どのように愛されているか、

そして抱える課題などを余すことなくお伝えします。




圧倒的ジューシーさに驚くルビーロマン


ジューシーさは群を抜く!糖度は18以上。


ルビーロマン

さわやかな風味であと味もあっさり。糖度は18~20もあります。

さらに特筆すべきは、そのジューシーさ!

皮は食べないタイプなのですが、実際にむいてみると果汁がこぼれます。

それではもったいないと、皮ごとほおばって噛めば、パチン!とはじけて、

ジュワ~っとあふれます!


大きさにも驚きます!巨峰の2倍もあると言われており、

一粒の大きさは直径3.1㎝以上。

大きいものになると4㎝を越えます。

1000g越えの一房になれば、それはもう圧巻です。


ルビーロマンの誕生秘話


「赤く大粒のブドウ欲しい!」というブドウ農家の願いとともに、

平成7年、石川県農業総合研究センターにて開発が始まりました。

形になりだした平成9年、味、色、房や粒の大きさなどを考慮して選ばれた1本、

それが「ルビーロマン」です。

名称は公募で決められました。

艶やかな色と大きさにロマンを感じ、「ルビーロマン」という名に決まりました。

「それは、もっとも宝石に近い果実」とのキャッチコピーも生まれました。


ルビーロマン1


徹底した水量管理が美味しさを生む


ルビーロマンの美味しさとジューシーさは、妥協なき生産者の努力の結晶です。

豊富な果汁をめいいっぱい閉じ込めつつ育て上げる労力は、大変なものと言います。

発育途中で粒が破裂することも度々あるのだとか。。。

ジューシーさゆえに、水量の調整が得に難しいのです。

様々な注意を払いつつ、丹精込めて育てることで、

やっと立派なブドウが出来上がります。

が、この段階ではまだルビーロマンではありません。


ルビーロマンの名を冠する、厳しい基準

収穫されたぶどうは、真にルビーロマンを名乗るため、厳正な審査にかけられます。

糖度18以上、一粒おおむね20g以上、カラーチャートに沿った色味。

これらがルビーロマンの名を冠する基準です。

全てをクリアしたものだけが、真にルビーロマンを名乗ることを許され、

専用の化粧箱に入れられ、市場に出荷されます。


ルビーロマン2

贈り物に最適

ルビーロマンは7月の上旬に出荷が始まり、8月中旬に最盛期を迎えます。

近年では首都圏や関西圏にも出荷されます。

贈答品として用いられることも多く、専用の化粧箱に入れられ、

毎年石川県から全国各地へと送られます。

驚くほど大きく、宝石のように美しく、味わいもさわやかで上質なルビーロマンは、

毎年夏に、石川県をはじめ、全国各地の方々に愛されています。


ルビーロマンに残る課題


粒が落ちやすい

ルビーロマンは海外でも注目を集め始めています。

しかし、大きな課題が残っています。

粒が房から落ちやすく、長時間の輸送に不向きなのです。

そこで、つるについたまま輸送したり、様々な工夫を試みるも、

いまだ安定に至っておりません。

国内での個人の配送においても、やはり、届いたときに粒が落ちていたという、

残念な連絡を受けること多いです。


当社では、徹底的に検品を


ルビーロマン写真



私たち堀他は、ルビーロマンの年間取扱量全国No.1 であり、

蓄積された経験値も、最も豊富といえるでしょう。

包装の時は、まず全粒を目視で厳しくチェック。

グラグラしているものは、贈り物には使いません。

それくらい気を遣っています。

ルビーロマンは、その高級である代償なのか、取り扱いも一苦労です。

しかし、それが全国各地の方々に無事届けられ、

美味しく召し上がってもらえることを願い、苦労を惜しみません。


まとめ

初競り価格が100万円を超えるルビーロマンは、

あっさりした上品な甘さと豊富な果汁が特徴の、石川県の高級ぶどう。

成長過程で粒が割れやすいので、生産者は水量の緻密な調整を行い、

丹精込めて育てあげます。

わが社でも配送の際は、厳しい検品を欠かしません。

粒が落ちやすく、長距離の搬送には向かないという課題を残しつつも、

夏には、主に贈り物に重用される、とても愛されている最高級のブドウです。

ページトップへ